×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

内職 在宅ワーク デコアート

Image Replacement
スポンサードリンク

派手に稼ぐピカピカ内職

まばゆいばかりにキラキラと光る四角い箱。

実はそれは、スマートフォンのカバー。

女性の間で大流行のデコアート。

クリスタルガラスやビーズを使ってピカピカに。

スワロフスキー専門のデコ電ショップ、
渋谷区にある「Bijou(ビジュー)」でも、デコアートの商品が人気。



Random×Bijou ローズスワロフスキークリスタルデコレーションスカルスマートフォンカバーケース



Bijou
住所 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-63-2 MJ原宿ビル3F
http://www.decokichi.com/

Bijou 藤井愛弓(まなみ)社長に、
Bijouで一番高いのは?と尋ねたところ、
6万円のスマートフォンカバーが登場。

デコアートされた見事なそのスマートフォンカバーは、
大きなクリスタルガラスをふんだんに使った最高級品。

さぞかし有名な方が作ったもの…?

と思いきや、実はそのデコアートは、
主婦の方がご自宅で仕事して作られたもので、
最近はすごくそういう方が増えてきているのだといいます。

なんとその中には、主婦の方が内職で作ったものがいくつも!

しかも、高値で売れているという。

果たしてどんな奥様が作っているのか…?

内職で一転!趣味から月28万円!家族で海外旅行も

デコアートの内職をしている主婦・前野敦子さんのお宅を訪ねてみると、
表札までデコアートに。

横浜に住む前野敦子さん(38)は、
デコアートの内職で稼いでいる主婦の一人。

これまでの最高月収はなんと28万円!

ごく普通の主婦だった前野さんが、一体なぜ、
売れっ子デコアーティストになったのか…!?

「ある日突然思い立って作ったものが、とても持って歩けるようなものじゃなかったので…」

前野さんが見よう見まねで作った初めてのデコアート。
ところが出来の悪さに大ショック…。

そこで…、

「どうせお金をかけて作るなら綺麗に作って、
持って歩けるものを作りたいな、と思ったのがきっかけです」

その時、前野さんのキラキラ好きに火がついたのです。

早速インターネットで通信講座を探し、
デコアートを猛勉強!



デコ電アート 通信講座

あっという間に腕をあげ、
友人たちからは携帯電話や小物のデコアートを頼まれるように。

「ほとんど趣味の一環といってもいいぐらいに…」

ところが2年前、前野さんに大きな転機が…!

原宿のショップでデコアーティストを募集していることを知り、
軽い気持ちで自分の作品を送ったといいます。

すると、思わぬ反応が…。

「5日間で(スマートフォンケースを)、何台出来ますか?」

という感じで注文を受けることに。

前野さんのデコアート作品が、プロの目に止まったのです。

その後はトントン拍子に売れっ子のデコアーティストに!

はたして、デコアートの内職で稼げる主婦の腕前は…!?

番組スタッフが挑戦すると…。

「(ガラスやビーズを)つまむのが大変」との感想。

直径およそ3mmのクリスタルガラスは、
つるつると滑るため、ピンセットでつまむのにも四苦八苦。

「J」の一文字だけで3分も掛かったのです。

同じ作業を前野さんにやってもらうと、
つるつる滑る小さなガラスを、いとも簡単に並べていくのです。

完成までは1分足らず。

しかし本当の実力は速さだけではなかったのです。

出来上がりをよく見てみると、
前野さんはJの縦の部分がキレイにまっすぐ。
さらに石の角度が均一なため輝き方がまるで違うのです。

さすがデコアートの内職で鍛えた腕だったのです!

12歳のご長男が自慢気に見せてくれたのは、
デコアートされた名前入りの彫刻刀のケース。

一方、旦那様が持っているのは、
愛情たっぷり込められた奥様特性の
デコアートされたスマートフォンカバー。

旦那様の誕生日、8月27日の「827」がデコアートされたもの。

ところで、デコアートの内職で稼いだお金の使い道は…!?

家族で楽しむために旅行へ行ったり、
ディズニーランドに行ったりという風に使っているそうです。

前野さん一家はなんと、去年の大型連休はシンガポール、
そして今年はニューヨーク。
毎年海外旅行に行っているそうです。

旦那様の夢は、
もっと大きなビジネスに育てていってもらいたいとのこと。

教える立場みたいな形が出来たら面白いなな、とも。

がくぶん 通信教育講座でデコアートを学ぶ

そして今、前野さんのように、

「派手な内職で稼ぎたい」

という主婦が急増中!

そんな女性たちが殺到しているのが、通信教育の大手、

「がくぶん」。



がくぶん デコアーティスト養成講座

デコ電アートでプチ内職も!がくぶんのデコアーティスト養成講座

がくぶんによると、デコアートを学びたいというのは、
主婦にかぎらず、女性の方が大半で多いとのこと。

デコアート講座はここ4年で受講者が倍増するほどの大人気。

デコアートは今、お仕事として注目されているので、
まだまだ伸びていくと思われる魅力ある内職のようです。



そして今、デコアートを上回る人気の講座があるといいます。

それは意外や意外…!

建築模型製作。

一体なぜ女性が…!?

★在宅ワーク技能を習得しよう! >>> 通信教育80年のがくぶん
通信教育 がくぶん

スポンサードリンク

内職以外のプチ稼ぎ

スポンサードリンク

内職にお役立ち!